【2017年版】一番人気!絶景カオハガン島ビーチフォトをまるっと紹介☺️❤️

   2017/06/25 

カオハガン島でウェディング

こんにちは!Bless CebuのカメラマンのMayuです^_^

セブのコンドミニアム事情

最近家のエアコンを掃除してもらい、とっても快適な家ライフを過ごしています〜。
セブに住む日本人がよく利用するのがコンドミニアム(家具家電付きのアパート)。週に一回のお掃除や寝具交換も利用できたり、セキュリティガードがエントランスに常駐している割と立派なコンドミ(コンドミニアム)がセブには沢山あります。

お客様からよく聞かれる【セブの家賃相場】!!
家具家電付きのワンルームタイプが主流で、相場は15,000PHP(33,000円)〜25,000PHP(57,500円)でしょうか。

東京で同じ条件で借りようと思ったら、おそらく10万は軽く超えるであろうコンドミ・・セブでは5万円せずとも快適に利用できちゃったり・・。^_^

実はMOVENPICKホテル(旧:ヒルトンホテル)にも一部コンドミのエリアがあるんです✌️居住者ならリゾートのロビーもビーチも自由に使用できるというから、なんて贅沢〜!

セブで南国セレブ気分を味わうなら、思い切ってホテルに住んでみるのもありかもしれませんね☺️

大人気、カオハガン島を紹介します

さてさて今回は、一番人気のロケ地【カオハガン島】のビーチ撮影をまるっと紹介します♩

日本人が深く貢献している島

006

日本人の男性が、25年前に100万円で買った島「カオハガン島」。
島民の持続可能な生活のために、ゲストハウスを建て観光業を作り上げたり、カオハガンキルトなどの技術指導により名産品としたり、島の発展にとても貢献されている島のオーナーの崎山さん

島の広さは、東京ドームと同じくらい。歩いて20分で一周できるほどのこじんまりした島には、自然の魅力が満ち溢れ、笑顔あふれる 約600人の島民がゆったりと暮らしています。

崎山さんの出版された著書「なにもなくて豊かな島(1998)」。本の名が象徴する通り、電気も電波もなくても、そこには人の心を満ちたらせる力がある、と、私も訪れる度に信じてやまない島です。

カオハガン島への行き方

086

フィリピンは7,000の島から成っている通り、セブ・マクタン空港のあるマクタン島の港からボートに乗ると、大小様々な島が見えてきます。

1)マクタン空港からヒルトン港まで

ボートが一番集まる大きな港「ヒルトン港」までは、空港からタクシーで約15分。ヒルトン港はシャングリラホテル・モーベンピックホテルの並びにあります。

2)ヒルトン港からカオハガン島まで

ヒルトン港からカオハガン島までは、ボートで約30分〜1時間。
オランゴ島付近の珊瑚区を通過していくため、塩の高さが十分足りない時間帯や日には、サンゴ礁エリアの浅瀬を避けて迂回する必要があり、1時間前後かかることがあります。
潮が十分高い日には、ストレートに進み30分程で到着することもあります。

カオハガンの絶景撮影スポットたち

0075

ビーチ!ビーチ!ビーチ!

カオハガン島といえばの!「ビーチフォト」の人気は止まりません。
パウダーサンドの砂浜が先端に向かい細長く伸びる様子は、本当に「天国の島」!遠浅のビーチはどこまでも続くんじゃないかというほど、砂浜が透けて青空の下に広がります。

撮影に絶対オススメしたい時間帯は、平日の午前中(11時まで)。絶景ビーチを貸切感で満喫したい方は、この時間帯を狙って撮影しましょう☺️

ホワイトサンドビーチ

綺麗な白い砂だからこそ、砂に寝転がったり、プロップスを砂に立てたり・・
裸足で走る!はもうマストな人気のショットですね♩

071r

0111

00013R

コバルトブルーのビーチ

ビーチの下が柔らかいパウダーサンドだからこそ!「ビーチでじゃぶじゃぶ」したくなりますよね💕
「ビーチに入りたいから、濡れてもいい衣装できました!」というお客様、増えてます。ビーチに入ってプロポーズショットや、水の掛け合いっこ、カオハガン島だから思いっきり楽しめるショットも撮りましょう!

00068R

00060

ビーチでじゃぶじゃぶ

00015R

ピンクの小舟をぷかぷか

お客様レポで何度か登場している小舟。当日の利用状況によりレンタルが可能です!最近はリニューアルしたこのピンクの小舟、ぜひリクエストしてみてくださいね。

0064

0042

00079r

村内散策🌴

港にボートを停めて、ビーチに向かう途中・・村の人々が暮らす家や学校、教会など・・木々が高く生い茂る村に、木漏れ日が刺す中を歩いてみると・・人の暖かさや村人の素朴ながら満ち足りた暮らしを垣間見れます。

00164

00034

0088

ここでしか取れない村の雰囲気を取り入れて、村内フォトもせっかくだから撮るのもありかもしれませんね☺️(当日リクエストにより可能)

ひっそり穴場ビーチ

00073R

お客様レポでちらっと紹介させてもらった「隠れ家ビーチ」。①のメインビーチが混み合うときにご案内させてもらっています。

0072R

00079

メインビーチからは徒歩3分。白砂とはまた違い、岩場から一面のクリアビーチを見ることができます。なんといっても、木々の間からのビーチの抜け!このロケーションを生で目に焼き付けることにも、意味があるほどの美しさです✨

0045R

(おまけ)移動のボートの上

0073R

360度、サンゴ礁の透ける海に囲まれてボートに乗ること・・日本じゃなかなかないはず!「到着の記念に撮りますよ〜」のボートの上での撮影、せっかくだから思い切り弾けてみてください!ばんざーいを自らしたくなるくらいの景色が目の前に広がってますから✨

0007R

いかがでしたか☺️?
カオハガン島のフォトツアーをまるっとご紹介しました。

ご紹介した他にも、ヤシの木がそびえるスポットや散歩道なども実はあったり・・。当日その場で「ここで撮りたい!」の声も大歓迎です!

撮影当日、リラックスしながら一緒に好きなスポットを見つけてツアーを組み立てることもできますので。事前でも。当日でもお気兼ねなくご相談くださいね♩

今回ご紹介した「カオハガン島ビーチフォト」の他にも、挙式風セレモニーと組み合わせた「カオハガン島セレモニーフォト」も人気プランです。セレモニーフォトに関しては、プラン詳細とお客様レポを合わせてチェックしてみてくださいね☺️

00064R

カオハガン島ウェディング

ブレスセブのウェブ&SNSはこちらから。ぜひぜひフォローをお願いします😆

*公式web
http://cebu-photowedding.com

*インスタグラム
https://www.instagram.com/bless_cebu_photography/

*Twitter
https://twitter.com/CebuWedding84/

コーヒーが写真が大好き!カメラマン Mayuです。お客様の最高の一瞬をカメラにおさめます♪

自己紹介はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。