cebu-circa1900

セブ島レストラン♡クラシカルで洗練された雰囲気の「Circa1900」

  

みなさんこんにちは!
セブシティに在住しているアミです。

今回は、クラシカルで素敵なレストランCirca1900(シルカ1900)について書きたいと思います。

初めてCirca1900に行ったときおしゃれすぎて「セブの代官山だ…」と言ってしまうほど(笑)洗練されているレストランです。

雰囲気が最高にいいので、ハネムーナーさんやカップルさん、女子会、会食などにぴったりです。

アクセス

Circa1900は、JYスクエアモール近くの細い道を入ったところに佇む、隠れ家的なレストランです。

行きはタクシーやバイクを使って行きます。
帰りは大通りまで歩いて、大通りでタクシーを捕まえるのがいいと思います。

帰りのCirca1900から大通りまでの細い道は歩いて5分程なので、食後の運動にもいいかな~と思います。

Circa1900の敷地にたどり着くと、右と左に1軒ずつオシャレな建物が建っています。

右手にはCasa Uno。こちらはフォーマルなレストランです。

Casa Uno

左手にはCasa Dosという建物があり、一階でカフェやカジュアルな食事やバーを楽しめます。

左手にはCasa Dos

以前予約の電話をしたとき、フォーマルかカジュアルかどちらがいいかを聞かれて、カジュアルで!と答えたら、左手にあるCasa Dosの1階を予約してくれました。

レストラン CASA UNO

まずはレストランの様子を紹介します。
外観は中世のヨーロッパにでてきそうな素敵な洋館です。

IMG_3576

IMG_3577

IMG_3581

内装はアンティークな調度品が揃っていて、とにかくオシャレ。

アンティークな調度品

IMG_3583

IMG_6217

個室のような奥まっている部屋もあります。

プライベート感のあるお部屋

ここは本当にセブなのか疑ってしまします…(笑)
お昼も夜も行ったことがありますが、いつもそんなに混んでいなくて静かだし、店員さんのサービスもとても良いです。

お料理

こちらの料理はセブの食材を使った創作料理がメインとなります。
どれもはずれと思ったことがありません。とても美味しくいただけます。

こちらがメニュー

IMG_3585

oneが前菜
twoがスープ
threeがサラダ
fourがメイン料理
fiveが大人数用

となっています。

先日4人で食べに行ったときはこちらを頼んでみんなでシェアしました。

IMG_3588

こちらはお通しです。

シーザーサラダ

これはシーザーサラダ

マッシュルームスープ

シーフードチャウダースープ

マッシュルームスープとシーフードチャウダースープ

ウベ(紫色の芋)のラビオリ

ウベ(紫色の芋)のラビオリ

オーストリッチ(ダチョウのお肉)

オーストリッチ(ダチョウのお肉)

オーストリッチがダチョウのことだと知らずに食べていました(笑)
美味しかったです。

チキン

ガーリックパン

ガーリックパン

ワイン1本と以上の料理で、一人1,000ペソ(約2,060円)でした。

日本から遊びに来た友達は、東京だったら一人6,000円いくでしょ!と驚いていました。
確かにこの雰囲気の良さと食事の美味しさを考えると、一人1,000ペソは安すぎますね。

カフェ&バー CICADA TAPAS+BAR

こちらは左側の建物Casa dosの一階にあるお店です。
こちらの内装もものすごくおしゃれです。

CICADA TAPAS+BAR

軽食と書きましたが、以前夕食で利用したときは、お腹いっぱいになるぐらい食べることができました。

頼んだものはこちらです。

IMG_2970

IMG_2971

この春巻き、とても美味しかったです。

IMG_2973

IMG_2972

こちらは魚料理。

IMG_2977

パスタもあります。

IMG_2976

フィリピン料理もあるので、旅行者の方にもおすすめできます。

また、カフェの利用をしたときはこちら。

クレームブリュレ

IMG_6223

クレームブリュレはボリューミーですが美味しかったです。

ぜひみなさんも行ってみてください。

セブ島BLESSでは、Circa1900でのガーデンや邸宅を背景にフォトウェディングが可能です。

Circa1900の素敵な雰囲気の中で写真を撮りたい!と思った方はぜひお気軽にお問い合わせください♪

アミでした。

コーヒーが写真が大好き!カメラマン Mayuです。お客様の最高の一瞬をカメラにおさめます♪

自己紹介はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。