バリ島カメラマンNatsukiと巡る、セブの秘境・オランゴ島🌴

   2018/05/18 撮影時期:8月 雨季

カメラマンなつきと巡るセブの秘境オランゴ島

セブ島からこんにちは!ブレスセブのYUKAです👋

先日の「ゆき様&こうすけ様のフォトツアーレポ」に続いて、今回も!ブレスバリからやってきたカメラマンNatsukiスペシャルです✨

ブレスバリはインドネシア・バリ島にあるグループ会社。

Bless BaliのInstagramはこちら & ウェブサイトはこちら

ブレスバリを卒業して、日本に帰る途中にセブ島にやって来たNatsuki(@natsuki.bless)。

二人でオフの日に、カメラ持って冒険してきました・・オランゴ島!🌴

人、自然、食・・のどかで魅力が溢れるオランゴ村を、1日がっつり探検。
触れてきたものを写真にのせて、この島のエネルギーをお伝えできたらいいな!と思います📷

ではでは、いってみましょう!

9:30am Mayu家に集合

まずはShangrilaへ〜🚗。。データ渡しのために寄りまして・・そこからボート乗り場のヒルトン港へ。

ヒルトン港へは、空港からタクシーでだいたい150php(320円くらい)あれば十分にたどり着けます。

10am ヒルトン港へ到着

Rachelと合流。チケットを購入し、定期船に乗り込みます。

チケットは15php。(30円ちょい)、港の通航料は5p(10円ちょい)です。安!!

10:30am ボートが出発

30人乗れる大型バンカーボートに、なんと乗客4名。
乗ってくる人が見受けられないため、定刻5分前に出発するという勝手ぶり。

003

出発すると、Natsukiカメラマン、早速ボートの突端に座り込み、フィッシュアイで撮影してましたよ。📷

001

3人体制のボートマン。潮が高いからなのか、一人は到着5分前まで昼寝していました。

ちゃっかりボート内にステレオがついており、ディスコ(Rachel曰くディスコミュージック)的な音楽がガンガン流れる船内。

10:45am オランゴ村に到着

004

ものの15分で到着。

港に着くと、そこにトライシクル(三輪車に荷台がついた乗り物)乗り場があります。

まずはおなじみのカサブランカヴィラを目指して、トライシクルに乗り込みます。

005

ビサヤ語での値段交渉といえば・・リシェル!前線にでてもらい、交渉。

通常120php(250円くらい)のところ・・・120phpでした。そんなこともあります、はい。😄

006

11:00am カサブランカヴィラに到着

約15分のトライシクル、めっちゃ快適です〜 カメラマンNatsuki、興奮してました。椅子があるのに、椅子の前にしゃがみこんで車窓から撮影してました。

移動してると、目が合う村人がみんな手を降ってくれるんですね〜

0025R

そうこうして、カサブランカに到着です。いつ来ても綺麗なお城〜👸

カサブランカヴィラの紹介はこちら

01

リシェルと3人でお散歩します。珍しい実がなってる木は「Female 〇〇」っていうらしいです。「Male 〇〇もあるそう」(名前忘れた・・)

0011R

0012R

008R

ガーデンで手をつないで、RachelとNatsukiの距離が急接近☝️

0010R

カサブランカのマネージャーのマイマイに頼み、バイクを一時間レンタル(200p=500円くらい)してもらいました。

バリ島でがんがん運転してたNatsuki先輩、頼もしい!

0024

ブレスバリ研修中に撮影用にバイクを貸してもらってたけど、もっぱら甘えてニケツしてもらってたあの頃が懐かしい・・思い出にふけりながら、いざバイクで島の端っこへ!

0037

0021

0023R

バイクに乗ると、村人の視線が刺さる・・!

色が黒い、村の外から来たたぶんアジア人の二人に村人の興味が向いているような。でもNatsukiさんがいたから、多分フィリピン人に大方見えてたと思う。

0017R

0014

バイクを止めてUターンしようとした一瞬で、「・・・!」

0027R

土曜の学校帰りの子供達が集まり・・増えて増えて・・なんだかすごい数に。
Natsukiさんが囲まれてました。面白くって、私は離れたところから撮影。へへ。

0028

バイクを止めてたどり着いた場所、(もしかして私有地・・)ヤギや牛がぼのぼのと住んでいました。

0030R

0031R

動物がなんだかみんなフォトジェニック(?)で、どんな場所に行ってもシャッターを切りたくなる。もうオランゴ村の魅力にすでにどっぷりです。

0033

川で飛び込んで遊んでた少年たちや、パン屋さんの女の子、マーケットでひよこを連れてきてくれた女の子・・

一時間のバイク散歩とは思えないくらいの、胸あったまる出会いがたくさんでした。

0016R

0013

0036R

0041

0042R

12pm: ランチ

バイクを返却し、カサブランカでランチタイム。
パン屋さんでパンを大量に買い、みんなでつまみます。
パンは一個5php(12円くらい)。焼きたてパンは本当にほっぺた落ちる美味しさ。

2pm:自転車で散歩

ランチのあと、気がついたらソファで寝てました、全員。
いや〜おねむのタイミングが合う仲間で嬉しい。
起きたて5分で自転車で冒険へ行くことに。

0043

赤色のGAPTシャツがセクシーなマイマイのママチャリを借り、フィッシュサンクチュアリへ出かけます。

007R

カサブランカリゾートから、自転車で約5分。
カメラマンNatsukiが聞いたことのない息遣いしてました。

リシェルを後ろに乗せてのニケツはどうやら死にそうなほどキツイらしく、男前がさらに男前になってた。ぬかるみ道でその様子を撮れなかったのが悔い!

フィッシュサンクチュアリの入場料は25php(60円くらい)。
なが〜い竹橋を歩くこと5分、突端に到着。

0044R

0047R

魚に餌をあげれるフローティングエリアです🐟

0049R

リシェルがおもむろにリュックからクッキーを取り出し、配布。
みんなでクッキーで魚をおびき寄せる・・・が、美味しい。
クッキーが思いの外、美味しかったんです。

0050R

0051R

「I will take pictures of you!」と元気に言ってくれたRachelにカメラを託して、2ショットを撮ってもらいました、が、ピントがどこかへ・・。

0053R

そのあとココナッツジュースを飲んで、見たことない顔を一瞬したNatsukiさんや、これも、あれも思い出ですね!

0052R

0056R

帰りの道で記念撮影を試みてみました。
ジャンプをしても真顔を保てるリシェルってすごいんじゃないでしょうか。

0058

0061R

最後の一枚で、3人笑顔で飛べた、やった!

0060R

オランゴ村を満喫して、すっかり時刻は3時半。
カサブランカを後にして、一同帰路に着きました〜🏃

仕事を忘れてこんなに大笑いしながら遊んだのが、仕事仲間っていう。幸せいっぱい、めちゃめちゃ楽しい1日でした。

またいつかこうやって集まれますよう!

ナツキが書きました!ブレスセブの紹介ブログはこちら♪

ブレスセブではオランゴ村での撮影、受け付けております〜😄
カサブランカリゾートと村フォトに興味を持ってくれる人がおりますよう。

オランゴ島 半日フォトプランはこちら✨

以上、オランゴ村の魅力発掘レポでした♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。