日帰りボホール島-個人旅行で大満足の旅

日帰りボホール島!個人旅行で大満足の旅【6400円で車を貸切】

   2019/10/25 

みなさん、こんにちは!セブシティに在住しているアミです。

後輩夫婦と日帰りでボホール島へ遊びに行ってきたので1日の流れを紹介します。

このボホール旅行はツアーではなく、すべて個人手配となります。

7時にセブ出発

この日朝7時出発のチケットを購入していた私達。

チケットの買い方はこちら↓
https://cebu-photowedding.com/blog/bohol-ferry-ticket-ayala-mall/

朝6時半頃、pier1に集合しました。

pier1の場所はこちら。タクシーの運転手もすぐ分かってくれます。

到着し、ターミナルフィーなどを支払い、チェックインカウンターへ行きます。

今回は日帰り旅行なので、スーツケースなどを預ける必要はなかったのですが、ボホール島に宿泊する方は、スーツケースなど大きな荷物を預けることが出来ます。

そして、7時ぴったりに船が動き出しました。

平日の朝にも関わらず、席はほぼ満席。事前にチケットを購入しといてよかったです!

船の中は、とにかくエアコンがきいていて寒いです。上着は必ず持っていってください。

そして、船はそこまで揺れませんが、万が一に備えて酔い止めも持っていくとよいでしょう。

そしてセブから、ボホール島の港であるタグビララン港まで約2時間。9時にタグビララン港に到着。

タグビララン港に到着

天気にも恵まれていました!

客引きを利用しよう!

船から降りると、たくさんの客引きがいます。

現地ツアーもありますが、ドライバー付きバンを貸し切って、自分たちが行きたいところに行ってもらうというのも可能です。

私たちは、通常のツアーに確実に組み込まれている「ロボックリバークルーズ(川下りをしながらビュッフェを食べる)」や、「チョコレートヒルズ展望台」などには興味がなかったので、

ドライバー付きバンの貸し切りをお願いしようと思っていました。相場は2,500~3,000ペソ程度だと思います。

私たちが歩いていると、お姉さんが話しかけてきて、どこに行きたいかを聞かれます。

私達は、

「バギー、ターシャ、ジップライン、空中サイクリング、アロナビーチのへナンリゾートホテル」

とやりたいこと・行きたいところを伝えました。

すると、「アロナビーチに行くと追加で500ペソかかるから、全部で3,500ペソ」と言われました。

3,000ペソに抑えたい私は、

「3人しかいないし、ロボックリバークルーズもチョコレートヒルズ展望台にも行かないし、全部込みで3,000ペソにしてくれ」

と伝えたところ、あっさり3,000ペソ(6,407円※)でOKしてくれました。

私たちは3人なので、大きなバンではなく5人乗りの普通の乗用車でした。

車に乗ってから、ドライバーに改めて行きたいところやりたいことを伝えると、ここから一番遠い場所から港に向かって帰って来られるように、行く順番を決めてくれます。

私たちが行った順番はこちら

1.バギー

2.空中サイクリング

3.ターシャ

4.アロナビーチのヘナンビーチリゾートホテル

5.タグビララン港

ジップラインはやりたかったのですが、時間的に厳しかったので諦めました。

では順番に紹介していきます!

バギーに挑戦!

有名なチョコレートヒルズに囲まれた大自然の中でバギーを運転できます。

しかし… このバギー、めちゃくちゃ汚れます!!

雨が降っていたからなのか、地面に水たまりがたくさんあります。

泥水の中、バギーを運転していくので、泥水を全身で浴びます。

バギーに挑戦

そしてその結果…

チョコレートヒルズに囲まれた大自然の中でバギーを運転

改めて写真を見てもひどいですね(笑) 白い服だとなおさら悲惨…!

ただ、景色はものすごく綺麗です!

まわりにはチョコレートヒルズがたくさんあり、ところどころガイドさんが写真を撮ってくれるので、いい思い出になると思います。

チョコレートヒルズ

値段は、一人乗りのバギー1時間 900ペソ(1,922円※)でした。

バギーをするのであれば、汚れてもいい格好でするのをおすすめします!

空中サイクリング

個人的にこれが一番楽しかったです!

空中サイクリングは「チョコレートヒルズ アドベンチャーパーク(略してCHAP)」というところにあります。

ここには様々なアクテビティがあります。

その中でも私たちがやってみたかったのが、空中サイクリング(バイクジップ、空中自転車)です。

一人450ペソ(961円※)でした。

入場ゲートから空中サイクリングの場所までかなり歩きます。

その間にたくさんのアスレチックがあります。

たくさんのアスレチック

そして、空中サイクリングの場所までの階段がものすごくきつい。

息切れするほどでした。

空中サイクリングの場所

そして、空中サイクリングの場所へ着くと、景色がまたまたきれい!

景色がまたまたきれい

以前、チョコレートヒルズ展望台に行ったこともありますが、こっちの方が断然よかったです。

混み合っていないし、見渡す限りチョコレートヒルズだし、最高でした。

そして、ここで器具を装着し、またここから上ります。

空中サイクリング

空中サイクリングの出発するところへ着くと、かなり高い…。

そしてかなり怖い…。

恐怖で足が震えます…。

自転車にまたがって出発するのですが、自分が漕がないと進まないし、風で車輪外れたらどうしよう、と考えてしまったり、途中まで行っても引き返せない恐怖…

高所恐怖症の方はやめておいた方がいいと思います。

往復漕ぐのですが、行きは景色をみる余裕は全くありませんでした。

しかし、帰りは慣れてきて、景色を見渡すとものすごく気持ちよかったです。

空中サイクリング

綺麗な景色

スリルを味わいたい方は、ぜひおすすめします!

世界一小さいメガネザル・ターシャ

ターシャを見たいということで、ターシャのいる動物園へ。

ターシャ以外にも、ワニや猿、珍しい動物もたくさんいました。

ターシャはこちら

世界一小さいメガネザル・ターシャ

ぱっとみたところ、どこにいるか全くわかりません。

そしてよく見ると

本当に小さくて、目が大きい!

本当に小さくて、目が大きい!

かわいらしかったです。

ヘナンリゾート・アロナビーチへ

朝から何も食べていない私達…

さすがにお腹がすきました。

後輩夫婦のお友達曰く、以前へナンリゾート アロナビーチというホテルに宿泊し、そこがかなりよかったとのこと。

なので、そちらでお昼を食べることに。

へナンリゾート アロナビーチ

14時半まではランチビュッフェをやっていて、宿泊していなくても食べられると聞いていたのですが、ここに到着したのが、14時40分ごろ…。

ビュッフェは諦めて、単品でお昼をとることに。

私たちが食べたレストランは、「Christina’s」というお店。

席からプールが見えて、店内もオシャレです。

Christina’s

頼んだのはこちら。

Christina’sのサンドイッチ

ピザ

ランチのパスタ

どれも本当に美味しかったです。

ひたすら動いていたので、余計美味しいものが体に染みました。

食べた後は、ホテル内のビーチに行ってゆっくりしました。

17時からハッピーアワーをやっていて、ビーチ内でお酒を飲めたりできるみたいでしたが、16時40分までに車に戻らないといけなかったので、断念。

やはり、素敵なホテルを見ると宿泊したくなりますね。

へナンリゾート アロナビーチ

そして、タグビララン港へ向かいました。

タグビララン港の前で、今日一日お世話になったドライバーさんに3,000ペソとチップを支払い、建物の中に入っていきます。

セブシティの港に比べたら、とても小さい建物です。

17時40分出発の船に乗り、20時前にセブシティのPier1に到着しました。

車や船の移動距離が長く、疲れてしまいましたが、海も山も楽しむことができて。いい旅だったな~と思います。

最後の「へナンリゾート アロナビーチ」に行ってしまうと、泊まればよかった~となってしまいますが(笑)、日帰りでも十分楽しめるボホール島です。

ぜひ、遊びに行ってみてください。

アミ

コーヒーが写真が大好き!カメラマン Mayuです。お客様の最高の一瞬をカメラにおさめます♪

自己紹介はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。