セブ島にはブレスセブ、バリ島にはブレスバリがあります🎶

   2016/09/03 

セブ島からこんにちは!Bless CebuカメラマンのMayuです。

セブに初めて来たというお客様から、セブの公用語って何語なの?という質問をよくもらいます。

オランゴ島村で、フォトツアー休憩中にお買い物をするお客様

オランゴ島でフォトツアーの一コマ

実は、同じフィリピン国といえど、よく聞く「タガログ語」(マニラなどで主流)とは異なり、実はセブはセブの第一言語があります。「ヴィサヤ語(ビサヤ語)」または「セブアノ語」と呼ばれる言語が最も話されており、加えて英語も問題なく通じます。(相当ローカルなところでなければ。^^;)

セブ島にきて、まず最初の会話のきっかけ、タクシー!🚗
ぼられないためにも(笑)、ドライバーと話してみたい!という方にオススメなフレーズをちょっとご紹介します。

すぐ使える簡単フレーズ

地元の人々との触れ合いも旅の楽しみのひとつ

地元の人々との触れ合いも旅行の楽しみのひとつ

・salamat (サラマー)/ ありがとう
会話でまずは覚えたい一言!

・Sige Sige (シゲシゲ)/ 大丈夫
隣の会話に耳をすませてみてください。連発してます。

・Palihug(パリホー)/ お願いします
英語のPlease?的な、ですね。

・Kuya(クヤ)/ お兄さん
「クヤ・パリホー」のコンビでいきましょう。
「お兄さん、お願い〜。。」と難易度高めなドライバーにこれで駄目押しです 笑。

以上、ワンフレーズでも打ち解けれる!フレーズでした。^_^

姉妹会社のバリ島ブレスを紹介します!

さて、今回は、BLESS CEBUのグループ会社、「BLESS BALI(ブレスバリ)」をご紹介します。

BLESS BALIってなに?

ブレスバリのカメラマン達

プロカメラマン集団・ブレスバリ

名前の通り、インドネシア・バリ島に拠点を置くプロカメラマン集団です

「バリ島」と聞いて、思い浮かぶのは、青い空の下に広がるヤシの木、南国トロピカル感あふれるゆったりとした楽園・・なんて、海外リゾートの代表!というイメージが多いんじゃないでしょうか。

私もバリを初めて訪れる前は、両親がハネムーンで来た常夏の楽園!という印象でした。そして、今もその印象は変わらずです🌴✨

そんなバリ島での、前撮り・ハネムーン・挙式!という、「大切な人と、かけがえのない思い出を作りに」という一大目的を叶えるのが「BLESS BALI」。

ブレスバリのウェブサイト

ブレスバリのウェブサイト

「BLESS BALI」の強みは、圧倒的な技術をもつプロカメラマン・橋本忠義氏がプロデュースする、「クオリティの高さ」。そして何と言っても、「撮る人」のことを正面から見つめ一枚一枚を大切に撮影する、熱意と心をこめた「サービス」✨。

“撮影”と聞いて、「ポーズをうまくとれるか…」「カメラマンってクールな人が多いんじゃないか…」なんて不安になることってありますよね。そんな心配を打ち消して、リラックスした状態に心を解きほぐして撮影してくれるのは、やはり撮影一筋15年!ならでは、技術面での経験&お客様を大切にするカメラマン達ならではじゃないでしょうか(^_^)

そんな温か〜いカメラマン&サポートスタッフが集まる「BLESS BALI」では、広告撮影・家族写真から始まり、挙式の撮影はもちろん、最近とっても人気の「フォトツアー・ロケーションフォト」まで幅広く手がけます。結婚式をあげなくても、ドレスアップをして記念撮影をしたい、というカップルさんの願いを叶えるプランも盛りだくさんですね。

オススメプランは?

ドレスとタキシード、ヘアメイクが含まれたパッケージ

バリ島のJimbaran Beachで撮影風景

フォトツアーでは、撮影だけのお手軽プラン、¥30,000〜からチャレンジできるお財布に嬉しい「ココナッツプラン」(名前がまた、南国への気持ちをくすぐりますね。笑) 。

撮影=高額というイメージを変えてくれる手頃価格が嬉しい。。観光も楽しみたいから、あまり時間を使いたくない・・といった場合でも、隙間時間を活用できるプランです。”撮影”してもらう楽しさをまずはここで味わってみてはいかがでしょうか?♪

バリ島フォトツアー専門サイト

バリ島フォトツアー専門サイト

本格的なウェディングフォトが撮りたい!という方には、ドレスやタキシードレンタル、ヘアメイクが全部入ったパッケージプラン「フランジパニプラン」などが人気です。

ハネムーンでバリに来て写真を撮り、数年後に今度はお子様と一緒にバリに来て家族フォトを撮る・・・なんて長いお付き合いのお客様も多いのも、長い歴史がある会社ならでは、ですね!

BLESS BALIならでは・・?

バリ島撮影会社

パートナー会社だから、そんなおすすめするんでしょ〜と思った方、それだけじゃありません。笑
お客様目線のことをたくさんお伝えしたので、最後に、同じカメラマン目線からのポイントを。。

肩を並べて働くからこそ、声を大にしていえるのが、「十人十色!個性あふれるカメラマン」も魅力の一つ!ということ。日本人カメラマン・ローカルカメラマンの和気あいあいメンバーから成り立つこのチーム。

日本人カメラマン、ローカルカメラマンが在籍

個性あふれる日本人カメラマン、ローカルカメラマンが魅力

最初にお伝えした「撮影技術面での経験」がカメラマンの全てではなく、「いかにお客様を見つめて接し、最高の表情を引き出すか」ということに長けたメンバーが勢ぞろい。一人一人の撮るスタイルも、写真に生まれる絵もそれぞれです♪

BLESS BALIのウェブサイトには写真付きのカメラマン紹介があり、こだわりのお客様にはカメラマンのご指名もできます。大切な思い出づくりを託す相手だからこそ、ぜひともがっつりリサーチして、カメラマン選びも楽しんでみてくださいね〜! (^_−)−☆

***

セブ島でのフォトツアーはBless Cebu、バリ島での撮影はBless Baliにぜひともお任せください♪

ブレスセブでは新フォトツアープランが3つ登場し、現在20%割引になるモニター様を募集しています!9月末までのお申し込み限定のため、マクタン島・オランゴ島・カオハガン島でフォトツアー・前撮りをご検討の方は、ぜひこの機会にご参加くださいー\(^o^)/!

セブ島のフォトツアーはこちら

お問い合わせは日本人コーディネーターまでお気軽にどうぞ♪ Instagramもやってます🎶

コーヒーが写真が大好き!カメラマン Mayuです。お客様の最高の一瞬をカメラにおさめます♪

自己紹介はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。